日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

ブラタモリ 別府

ブラタモリで別府がなぜ一大温泉地になったのか?をやっていた。

実は江戸時代までは、今ほど有名ではなかったらしい。
明治になってから港ができて大阪から人が来るようになったこと。
それにあわせて道路を碁盤の目のように整備したこと。
砂風呂や、鉱山風呂、遊園地など、観光地としてメジャーになったこと。
更には市町村合併で、異なるタイプの温泉地がひとつの別府市に収まり、別府温泉となることでさらなる飛躍を遂げた。
だいたいこんな話だったと思う。

タモリさんと近江アナがいったのは昔の小別府、別府村。ここで港の痕跡をみたり、金鉱の湯にいったりしていた。
金鉱の湯の上には今遊園地があるんだって。
それから鉄輪地区にいって、湯治宿をみて、地獄蒸しの野菜を食べたりしていた。
確かに全然違う感じの温泉地だった。

ブラタモリでは別府温泉も取り上げていたけど、別府にはいろんな泉質の湯がでていて、別府八湯とよばれているし、
地獄めぐりでみる風景も泉質の違いによるものらしい。
別府温泉には見どころいっぱいなんだね。

こちらは別府温泉の宿。看板猫ランキングV2だって!
↓ ↓ ↓


関連記事
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
広告
リンク
P R
ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
ブログランキング

RSSリンクの表示